【漫画】車いすラグビー海外武者修行で道を拓いた男

パラサポWEB / 2020年7月10日 18時24分

パラサポWEBと公式SNS連動企画『本当にあったパラドラマ』。

この企画では、パラスポーツ界に眠る素敵なストーリーやほっこりするエピソードなどをミニマンガでお届けしていきます。

今回は、車いすラグビー元日本代表選手・三阪洋行さんが現役時代、海外武者修行に挑んだ時のお話を紹介します。遠くニュージーランドの地で交わした約束とは・・・?

『本当にあったパラドラマ』〜挑戦編〜

>

三阪さんが出会ったこの少年はいったい誰なのか!? <後編>につづく…

PROFILE 三阪洋行

高校生の時にラグビー練習中の事故で頸椎を損傷し、車いす生活となる。その後、医師の紹介で車いすラグビーと出会い、2003年に最年少で日本代表に選出。3大会連続でパラリンピックへ出場を果たす。引退後も日本代表のアシスタントコーチとして、リオ2016パラリンピックでの銅メダル獲得に貢献。現在は自身の経験を生かし、車いすラグビーの普及や、障がいへの理解を促進する活動に取り組んでいる。

▼講演依頼はこちらからhttps://www.parasapo.tokyo/messenger/messenger/misaka/

(あすチャレ!メッセンジャーWEBサイト)

text by Parasapo

illustrated by Shinoto

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング