G・フェルナンデスカスタノが逆転V

ParOn.(パーオン) / 2013年10月27日 17時50分

逆転で昨年9月以来の優勝を飾ったゴンサロ・フェルナンデスカスタノ BMWマスターズ(2013)(最終日) 写真・Getty Images

BMWマスターズ(10月24~27日、中国・レイクマラレンGC、7607ヤード、パー72)

 欧州男子ツアーのファイナルシリーズ第1戦最終日。3位からスタートしたスペインのゴンサロ・フェルナンデスカスタノが、6バーディ、1ダブルボギーの68で回り、通算11アンダーで逆転優勝を飾った。

 前半を2バーディでターンしたフェルナンデスカスタノは、17番までに4つのバーディを奪い3打のリードで18番に入ったが、最終ホールでまさかのダブルボギー。2位と1打差で、からくも逃げ切った。昨年9月以来のツアー通算7勝目。

 通算10アンダーの2位タイに、この日8つスコアを伸ばしたフランチェスコ・モリナリとトンチャイ・ジェイディー。通算9アンダーの4位にルーク・ガスリーが、通算8アンダーの5位タイにトーマス・ビヨーン、ピーター・ユーライン、パブロ・ララサバルの3人が入った。

 昨年覇者のピーター・ハンソンがこの日のベストスコア「63」をたたき出し、通算7アンダーでスコット・ジェイミーソン、ポール・ケイシー、ラファ・カブレラベロらと並び8位タイ。賞金ランキングトップのヘンリク・ステンソンは7アンダーで回り、通算2オーバーの34位タイで大会を終えた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング