川村昌弘 初出場のWGCで最終日ノーボギー!

ParOn.(パーオン) / 2013年11月3日 18時55分

世界ゴルフ選手権での戦いを日本ツアーに生かしたいと話す川村昌弘 WGC-HSBCチャンピオンズ(2014)(最終日) 写真・鈴木祥

WGC-HSBCチャンピオンズ(10月31日~11月3日、中国・シーシャンGC、7266ヤード、パー72)

 1バーディの71。ノーボギーのラウンドに、世界ゴルフ選手権初出場の川村昌弘は、自信を持って上海から帰国する。

「スタート前の練習場では曲がっていて、今日はどうなるか分かりませんでしたが、最終日でノーボギーは評価したいと思います。たまにしかなかったバーディパットも決められませんでしたが、ボギーを出さなかったことはよかったです」

 ただ、さすがに世界ゴルフ選手権での戦いは緊張感が違った。

「火曜に初めてコースを回ったときは、新鮮さと難しさを感じました。4日間戦ったことで、さすがに疲れました。でも、絶対行ってはダメ、絶対寄らないというグリーン周りなど、多くのことを経験できたので、それは日本ツアーに帰って生かしたいと思います」

 アジアパシフィックパナソニックオープンで優勝したことで、今大会の出場権を獲得。また、来季のアジアンツアーの出場権も獲得している。

「来年はアジアンツアー、そして出場できる欧州ツアーにどんどん出場したいと思っています。それが目標でしたし、パナソニックオープンで勝てたことでそのチャンスをもらえました。オフは作らず、どんどん試合に出ます!」

 その出発点ともいえる今大会。世界のトップランカーが出場した試合で初出場ながら55位タイという結果は、今後の糧になる。

文・井上兼行

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング