F・カプルス圧勝! 年間王者はK・ペリー

ParOn.(パーオン) / 2013年11月4日 11時32分

最終戦で今季初優勝を果たしたF・カプルスと年間王者のシュワブカップを手にしたK・ペリー シュワブカップ(2013)(1日目) 写真・Getty Images

チャールズ・シュワブカップ選手権(10月31~11月3日、米国カリフォルニア州・TPCハーディングパーク、7127ヤード、パー71)

 米シニアツアー最終戦、チャールズ・シュワブカップ選手権最終日。前日首位のフレッド・カプルスがこの日も二つスコアを伸ばし、通算17アンダーで圧勝した。昨年7月の全英シニアオープン以来の優勝で、シニアツアー通算9勝目となる今季初勝利を飾った。カプルスは前半だけで3つスコアを伸ばし安全圏に突入すると、後半は1ボギーのラウンドながら、2位に6打差をつけて危なげなく逃げ切った。

 通算11アンダーの2位タイにマーク・オメーラ、ピーター・シニア、逆転年間王者を狙ったベルンハルト・ランガー。通算10アンダーの5位タイに、マーク・カルカベッキア、バート・ブライアント、ロッコ・メディエイト、ケニー・ペリーが入った。

 チャールズシュワブカップのポイント争いでは、ペリーがリードを守りきり、年間王者の称号を手にした。今季はメジャー2勝を含む3勝と、中盤以降は圧倒的な強さを見せたペリーだったが、後半は賞金ランキングでトップを行くランガーの猛追にあった。最終的には二人の勝負となったが、前週優勝のペリーがその差を広げ、そのまま逃げ切った。なお、ランガーが賞金王を獲得した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング