ホステスプロのプライドに賭けて戦うことを誓います!

ParOn.(パーオン) / 2013年11月7日 19時3分

意気込みを語るミズノ契約プロ5人衆 ミズノクラシック(2013)(事前情報) 写真・村上航

ミズノクラシック(11月8~10日、三重県・近鉄賢島CC、6506ヤード、パー72)

 ディフェンディングチャンピオンのステーシー・ルイスを筆頭に、パク・ヒヨン、申ジエ、服部真夕、飯島茜の日米5人のトッププロが並んでいるが、彼女らに共通するのは、ホステスプロであることだ。そんな彼女たちの意気込みを聞いてみよう。


ステーシー・ルイス
「この試合に戻ってくることができて興奮しています。毎年楽しみにしている大会でしたが、昨年優勝したことで、楽しみにする理由が増えました。今季は調子がいいので、パッティングを入れていい成績を残したいですね。練習ラウンドをして、気がついたのはフェアウエーが軟らかいので、ロングアイアンがキー(鍵)になると思います」


パク・ヒヨン
「好調を維持しているので、今年もいい成績を残せるように頑張ります」


申ジエ
「日本選手のレベルが昨年よりも上がっているので驚きました。私自身も、日本とUSLPGAのトッププロによるパフォーマンスを見ることを楽しみにしています」


服部真夕
「ホステスプロとして活躍することで、スポンサーさんに恩返ししたいです。残り試合も少なくなってきたし、全力で自分の力を出し切りたいです」


飯島茜
「今年は思うような成績を出していませんが、ホステスプロなので、この試合にだけは絶対に出なければいけないと頑張ってきました。何とか試合に出場できてよかったと思います」

文・山西英希

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング