大雨中断によりサスペンデッド、暫定首位はB・スチュアード

ParOn.(パーオン) / 2013年11月15日 9時49分

大雨による中断の中、15ホールを終えて5アンダーと暫定首位のブライアン・スチュアード OHLクラシック・アット・マヤコバ(2013)(1日目) 写真・Getty Images

OHLクラシック・アット・マヤコバ(11月14~17日、メキシコ/エル・カメレオンGC、
6987ヤード、パー71)

 米PGA ツアーの年内公式最終戦となる今大会。初日は強烈な雨により一時中断となり、競技は大幅に遅れた。結局、この日は日没サスペンデッドとなり、ホールアウトした選手はわずか15人、第1ラウンドをまだスタートしていない選手が57人という事態となっている。

 その中で暫定首位に立っているのは、15ホールをプレーした時点で5アンダーのブライアン・スチュアード。1打差の2位タイにはエリック・コンプトン、アルバロ・キロスがつけている。

 翌日は天候が回復次第、第1ラウンドの残りと第2ラウンドを行う予定になっている。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング