【中間速報】石川遼、前半を終え3位タイに浮上

ParOn.(パーオン) / 2013年11月16日 13時36分

三井住友VISA太平洋マスターズ(11月14~17日、静岡県・太平洋C御殿場C、7246ヤード、パー72)

 16日、決勝ラウンドがスタートし、6位タイからスタートした石川遼は、5番までパープレーを続け、6番のパー5で最初のバーディ。さらに、昨日までの2日間はボギーだった8番(パー4)でバーディを奪い、二つスコアを伸ばして、通算9アンダーの3位タイで前半を折り返した。

 12位タイからスタートした松山英樹は、出だしの1番(パー4)でいきなりボギーをたたくも、3番(パー5)、4番(パー3)で連続バーディ。しかし、前半最後の9番(パー4)をボギーとし、スコアは変わらず通算5アンダーで後半に入った。

 2位タイからスタートした谷原秀人が、7番までに5バーディを奪い通算14アンダー。2日目トップの小田孔明を交わして単独トップに躍り出ている。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング