森田理香子 後半失速も「まだ大丈夫」

ParOn.(パーオン) / 2013年11月17日 18時15分

残り2試合となって賞金ランキングで追う立場となった森田理香子 伊藤園レディスゴルフトーナメント(2013)(最終日) 写真・佐々木啓

伊藤園レディスゴルフトーナメント(11月15~17日、千葉県・グレートアイランドC、6639ヤード、パー72)

 首位と4打差の18位タイからスタートした森田理香子。1番、2番で難しいラインを読み切り連続バーディ発進。5番(パー5)でもバーディを奪い、6番(パー4)ではグリーン奥からチップインバーディ。折り返した10番(パー4)でもバーディ奪取で、いよいよ森田劇場の始まりかと思わせた。

「ショットもパットもよくて、つけたところもよかったです。曲がるラインも入ったり、チップインもあったりでよかったのですが、失速しました」

 一時は8アンダーまで伸ばし、そのまま一気にいくかと思いきや、12番から3連続ボギーでチャージは収束。17番(パー3)で7メートルのバーディパットを決めるも、時すでに遅し。結局中盤のボギーが響き、通算6アンダーの10位タイで大会を終えた。

 18番(パー4)ではティショットを大きく右に曲げ、隣の10番フェアウエーまで打ち込みながら、グリーンを囲む池を怖れず果敢に攻めて見事に2オン。バーディパットこそ外したが、18番を取り囲んだ大ギャラリーを沸かせた。

「ティショットはめちゃくちゃタイミングがズレました。でも(隣の)フェアウエーでよかったです(笑)」

 悔しさの中にも充実した思いと安堵感を漂わせたが、課題も見つかった。

「スイングのリズムですね。それさえおかしくならなければ残りも大丈夫だと思います」

 注目の賞金ランキング1位の座は優勝した横峯さくらに奪われたが、5試合ぶりのトップテンと3日間合計17バーディの土産を手に、次戦に乗り込む。

「(賞金レースは)いままで経験したことないので、抜かれたほうがいいのかはわかりません。とにかく目の前の試合を頑張りたいです」

 残された2大会はいずれも高額賞金大会(大王製紙エリエールレディスオープン:優勝賞金1800万円、LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ:2500万円)。まだまだクイーンに向けての直接対決が続きそうだ。

文・高桑均

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング