最終戦に藍・美香のW宮里と有村、上原が参戦

ParOn.(パーオン) / 2013年11月21日 11時38分

パット復調がカギとなる宮里藍 CMEグループタイトルホルダーズ(2013)(事前情報) 写真・Getty Images

CMEグループタイトルホルダーズ(11月21~24日、米国フロリダ州・ティブロンGC、6540ヤード・パー72)

 米LPGAツアーの2013年シーズンがいよいよ終幕を迎える。今季の各大会の上位3位までの選手、計69人が出場する今大会には、日本から宮里藍、宮里美香、上原彩子、有村智恵の4人が出場する。

 ここまで賞金ランキング25位で今季未勝利の宮里藍は、パッティングの不調をいかに克服できるかが上位進出のカギ。

「パッティングのストロークが安定していません。先週と比べてグリーンがすごく重いので、タッチを合わせられるかがポイント。しっかりイメージを出してやっていきたい」

 期待された優勝がないことに関しては、冷静に受け止め、すでに来季への活躍を視野に入れる。

「決してベストのシーズンではないですが、やるべきことはやってきました。結果だけを見ればそこまで悪かったとは思いません。今シーズンで終わりではありませんし、これからも続くので、長い目で見て頑張れるように、今週はいい終わり方をしたいと思います」

 コースは違えど、昨年優勝争いをした今大会で来季に向けて弾みをつけたいところだ。

その他の日本人選手のコメント

宮里美香 賞金ランキング36位
「日本のツアーだけどメジャーで2勝目ができたのは大きな自信になっている。でもアメリカで勝ちたいという気持ちは強いです。あの勝ち方は本当にしびれました。ああいうのに慣れていけばアメリカのメジャーでも戦えると思います。もちろん優勝争いしたい。今年はそういう機会がなかなかなかった。上位にいてもなんとなく、とい試合が多かったので、しっかりと優勝争いをしたいです。コーチと久しぶりに会ってスイングがすごくいいといわれました。今までで一番。ショットはいいのであとはパットは入ればね(笑)。今週も加藤キャディです。来年のことはこれが終わってから話します」

上原彩子 賞金ランキング60位
「2ラウンドしているのでコースは熟知しました。日本人向きのコースだと思います。調子もいいですし、楽しみです。日米通じて最後の試合。いい形で締めくくりたいです。初めてのことが多くて大変なこともたくさんありました。でもすごく成長できた1年です。本当に今年は楽しかった。あっという間に終わります。ルーキー・オブ・ザ・イヤーを取るには優勝しかないみたいなので、そういう意味でも頑張ります」

有村智恵 賞金ランキング62位
「今年の私の本当の目標は、今までいっていたことと本当は違っていて(笑)。いかにたくさんのことを吸収できるかが大事と思っていました。その目標は達成できました。本当にいろんな経験ができました。優勝争いもしたし、予選落ちもたくさんした。メジャーでも苦しい思いをたくさんしたし、アジアでもきつい思いをした。すべてにおいて、米ツアーの厳しさ、よさを知ることができました。これだけの収穫を得られたので自分の目標は達成できたと思います。本当は2、3年かけて得る経験を短期間で吸収できたと思っています。この大会は限られた人しか出られないご褒美。フロリダだし、今週は誕生日があるので。いい形で終わりたいと思います」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング