【コメント集】山下和宏 リズムを意識して首位発進

ParOn.(パーオン) / 2013年11月21日 19時18分

4アンダーで単独トップに立った山下和宏 ダンロップフェニックストーナメント(2013)(1日目) 写真・村上航

ダンロップフェニックストーナメント(11月21~24日、宮崎県・フェニックスCC、7027ヤード、パー71)

山下和宏(6バーディ、2ボギー、4アンダー、1位)
「谷口(徹)さんとのオフの合宿で、3年くらい来ていて、グリーンの形状はすべて頭に入っていますし、最近いいショットが打てるようになったのがつながったと思います。試合中、ショットのリズムが早くなって、悪くなる傾向にありましたが、頭の中でリズムだけを意識していたらよくなりました。明日以降も同じようにプレーしたいです」

塚田好宣(5バーディ、2ボギー、3アンダー、2位)
「今週、調子がめちゃくちゃ悪くて朝の練習もひどかったのですが、最後にひらめいたことがあってよくなりました。チーピンを防ぐために、ヒザを曲げて重心を落とす練習ドリルがあるのですが、それを試合中もやりました。調子が上がってきたので、今日は上出来です」

ルーク・ドナルド(2ボギー、2オーバー、35位タイ)
(ディフェンディングチャピオン)
「ショットの調子は悪くなかったのですが、チャンスを生かせず、一つもバーディが取れなくて残念だった。明日は、5つ以上スコアを伸ばしていきたい」

トム・ワトソン(1バーディ、6ボギー、5オーバー、70位タイ)
「バーディが一つだけと残念なラウンドでした。明日はしっかりとボールをとらえて、グリーンに運びチャンスを作っていきたい。尾崎プロも私と同様良くないスコアでしたが、ラウンドできたことがうれしかったです。旧友の笑顔が見られたのが良かった」

尾崎将司(1バーディ、5ボギー、1トリプルボギー、7オーバー、76位タイ)
(40回連続出場で花束贈呈)
「久しぶりにワトソンと回れて楽しかった。今の体の状態ではいいプレーができないのが歯がゆい。ワトソンのゴルフは昔と同じようなリズムでやっていてうらやましい。明日は少しでも恥ずかしくないプレーをやりたい」

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング