宮里藍、上原彩子好発進、S・ガル首位、L・コは30位

ParOn.(パーオン) / 2013年11月22日 9時44分

首位に立ったサンドラ・ガル CMEグループタイトルホルダーズ(2013)(1日目) 写真・Getty Images

CMEグループタイトルホルダーズ(11月21~24日、米国フロリダ州・ティブロンGC、6540ヤード・パー72)

 今季米LPGAツアー最終戦の第1ラウンドが行われ、ドイツのサンドラ・ガルが8アンダーで単独首位に立った。

 ガルは、出だしの10番でバーディを奪うと、15番まで6連続バーディのロケットスタートで飛びだし、後半に入ってからも、上がり2連続を含む3バーディ(1ボギー)で初日を終えた。

 1打差の7アンダー、2位にはレベッカ・リー・ベンサム。6アンダー、3位タイにアンナ・ノードクビスト、フォン シャンシャン、前週優勝のレキシー・トンプソンの3人がつけている。

 日本から出場の4人は、宮里藍と上原彩子が3アンダー、13位タイ。宮里美香は2アンダー、23位タイ。有村智恵は1オーバー、49位タイと出遅れた。

 賞金レーストップの朴仁妃は4アンダー、7位タイ。同2位のスーザン・ペテルセンはイーブンパー、40位タイ。プロデビュー戦のリディア・コは1アンダーの30位タイとなっている。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング