森田理香子が大爆発! 首位奪取で最終日へ

ParOn.(パーオン) / 2013年11月23日 14時54分

会心のラウンドで首位奪取した森田理香子 大王製紙エリエールレディスオープン(2013)(3日目) 写真・鈴木祥

大王製紙エリエールレディスオープン(11月21~24日、愛媛県・エリエールGC松山、6442ヤード、パー72)

 第3ラウンドが行われ、現在賞金ランキング2位の森田理香子が9バーディ、1ボギーの64でラウンドし通算12アンダーで首位に立った。

 森田は、スタートから1番(パー4)、2番(パー4)、3番(パー3)と3連続バーディでロケットスタート。その後、5番(パー5)、9番(パー5)と前半だけで5つスコアを伸ばして折り返すと、10番(パー4)、11番(パー5)と今日2度目の3連続バーディ。15番(パー4)、17番(パー5)と今日1日だけでバーディ9個の荒稼ぎ。16番(パー3)でボギーをたたいたものの、一気に首位に躍り出た。

 現在賞金ランキング55位で、この試合で単独6位以上が賞金シード獲得の目安となる上田桃子が今日3つ伸ばし通算10アンダー、2打差の2位で追走。さらに1打差の9アンダーの3位タイで不動裕理と李知姫が続いている。

 現在賞金ランキングトップの横峯さくらは、今日スコアを4つ伸ばし、3番ホールでホールインワンを達成した藤本麻子と並んで通算8アンダーの5位タイで最終日を迎える。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング