【コメント集】金亨成 自分のプレーをするだけ

ParOn.(パーオン) / 2013年11月23日 17時53分

トップと2打差の2位で最終日を迎える金亨成 ダンロップフェニックストーナメント(2013)(3日目) 写真・村上航

ダンロップフェニックストーナメント(11月21~24日、宮崎県・フェニックスCC、7027ヤード、パー71)

金亨成(6バーディ、2ボギー、67、通算7アンダー、2位)
「3日間で一番ショットが悪かったけど、ラッキーがたくさんあった。最近本当に調子がいいので、誰と回っても関係ない。自分のプレーをすることができれば、いいプレーができると思います。18番で上りの7メートルのバーディパットが入ってハンパないね。3打差と2打差は違うので、よかったです」

S・J・パク(3バーディ、1ボギー、1ダブルボギー、71、通算3アンダー、3位タイ)
「あまりチャンスがなくて安定しませんでした。上りの3~4メートルのパットが入らなかったです。最終組だったのでスパイクマークがたくさんあったのも原因の一つかな。調子自体は悪くないので明日もがんばります」

小田孔明(7バーディ、5ボギー、69、通算2アンダー、7位タイ)
「バーディを獲って勢いに乗ろうと思うとボギーがきたり、いいときと悪いときが激しかったです。風が分かりづらくて、ショットがいいのか悪いのかわかりません。大きな目標(賞金王)はあるけど、意気込んでも仕方がないので、来週好きな大会のカシオワールドオープンに向けて、明日はアンダーで回りたいですね」

薗田峻輔(5バーディ、1ダブルボギー、68、通算2アンダー、7位タイ)
「今日はショットがそんなにいい内容ではなかったのですが、耐えて、耐えて、耐えてきました。でも17番でダブルボギー。今の自分の調子を象徴していますね。今日いいラウンドができたし、明日に向けての自信になりました」

中嶋常幸(2バーディ、5ボギー、3ダブルボギー、80、通算10オーバー、64位タイ)
「復帰前にカートでチョロチョロとしかゴルフをしていなかった人間にしては持たないよ。体がボロボロ」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング