石川遼「最高の人と組めた!」

ParOn.(パーオン) / 2013年11月24日 18時40分

W杯初出場で個人5位、団体3位の成績をマークした石川遼 ISPS HANDA ワールドカップ・オブ・ゴルフ(2013)(最終日) 写真・秋山義和

ISPS HANDA ワールドカップ・オブ・ゴルフ(11月21~24日、豪州 ザ・ロイヤル・メルボルンGC、7046ヤード、パー71)

 石川遼の夢舞台は5位タイで終幕。

「コースはすごくタフでしたが、W杯という意味では谷さん(谷原秀人)と組めて、本当、最高な人とこれだけ長い時間、一緒にいられたと思います。本当にいい人。ダブルスがなかったということを差し引いても、団体戦の雰囲気を感じられた」

 W杯最終日、通算1アンダーの12位タイでスタートした石川は、昨日に続き1番から攻めていった。ドライバーで打ったボールは緩やかな放物線を描き、グリーン手前に着地。ボールが止まりづらいグリーンに対しては上手にマウンドを使って転がしのアプローチを披露。石川のプレーが豪州のギャラリーを魅了した。続く、バーディパットを鮮やかに沈め、4日間で最高のスタートを切った。

「バーディが先行したが、今日は4日間の中で一番タフな日になるかもしれないと思っていました。その中でバーディを取れたのはよかった。でも、そこから17ホールが長かった」

 難コースとの戦い。今大会、本当に毎ショット毎ショット、頭を悩まし、苦しいゴルフの連続だった。

 初日、2日目はイーブンパー、そして3日目にようやくスコアを一つ縮めた。最終日、石川は2アンダーで前半を折り返し、11番でバーディを奪ったものの、15番をボギーとして通算2アンダーで上がり3ホールを迎えた。

「17番でバーディパットを入れる前に、谷さんが15番でバーディパットを入れた。そこで、団体戦の雰囲気を感じました。最初で、最後だったかな。最終日が近づくにつれて、日本代表の二人がこれだけのフィールドで、そこそこ上でやっていて、団体もそう。最終日が近づくにつれ、モチベーションは上がっていきました。『あっ、自分たちはやれているんだ』と」

 個人で5位タイ、団体で3位タイというのが、公式会見で「夢が叶った」と口にしていた石川の初W杯の成績だった。

文・秋山義和

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング