ジャンボ尾崎 花は開き続けないといけない

ParOn.(パーオン) / 2013年11月29日 18時32分

まだまだ若者には負けない! 40歳以上年下の石川遼と談笑する尾崎将司  写真は1日目のもの カシオワールドオープンゴルフトーナメント(2013)(1日目) 写真・佐々木啓

カシオワールドオープンゴルフトーナメント(11月28日~12月1日、高知県・Kochi黒潮CC、7316ヤード、パー72)

 この日2バーディ、4ボギー、通算11オーバーで予選落ちとなったため、ジャンボ尾崎の2013年シーズンが終わった。

 今季は18試合に出場。予選通過は初日にエージシュートとなる62を出し、単独トップに立ったつるやオープンのみとなった。

「今年のオフは長かったから、いろんなことに挑戦することができた。それが、1回だけ花開いたというだけだったね。残念ながら」

 ただ、花が開いたことで次への活力になったのではないか。

「いやいや、継続。次につながっていない、続いていない。続けないといけないんだ。今季最終戦を終えて振り返ると、背中、腰がよくなかった。松山(英樹)のようなゴルフをしたいよ。うらやましいね。でも、人をうらやましく感じるというのはねぇ」

 来季を67歳で迎えるジャンボ。

「長いオフをどう過ごすかだ」

 生涯現役を貫く“レジェンド”は、帰りの飛行機の中で、早くも来季を戦うためのオフの内容を考えているはずだ。

文・井上兼行

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング