【コメント集】松山英樹「途中3打差がつき少ししんどかった」

ParOn.(パーオン) / 2013年12月1日 17時21分

「途中3打差がつき少ししんどかった」と、苦しい展開をものにした松山英樹 カシオワールドオープン(2013)(最終日) 写真・佐々木啓

カシオワールドオープンゴルフトーナメント(11月28日~12月1日、高知県・Kochi黒潮CC、7316ヤード、パー72)

松山英樹 4バーディ、2ボギー、70、通算12アンダー、優勝 2013年賞金王
「早く賞金王を決めたい、優勝したいと思ってスタートしましたが、途中3打差がつき少ししんどかったですが、勝ててよかったです。賞金王は本当にうれしいです。応援してくれるギャラリーの方々、ボクをサポートしてくれる方々の力が自分に加わって、これだけたくさん優勝(今季4勝)することができました。Kochi黒潮CCは、中学2年から高校3年生まで、ずっとお世話になったコースです。賞金王をここで決めることができて本当にうれしいです」

山下和宏 4バーディ、2ボギー、70、通算7アンダー、4位タイ
「ラッキー、アンラッキーがあった4日間でしたが、アンダーパーで回れたので収穫がありました。やっと地力がついてきたという感じです。もうひと踏ん張りしたいと思うので、頑張っていきたいです。来週のゴルフ日本シリーズJTカップは、コースが自分にも合っていると思うので頑張ります」

金亨成 1イーグル、6バーディ、2ダブルボギー、68、通算5アンダー、7位タイ
「今週は楽しくプレーできましたが結果は悔しいです。短いパットを何回も外してしまいました。来週の最終戦のゴルフ日本シリーズJTカップは、ワールドランキングを上げるためにも頑張ります」

宮里優作 5バーディ、1ボギー、68、通算5アンダー、7位タイ 滑り込みでゴルフ日本シリーズJTカップ出場権獲得
「出場権を獲得できたことは、ホールアウト後に聞いて分かりました。ただ、自分の中では、ゴルフ日本シリーズJTカップは、優勝して出る大会だと思っています。しかし、チャンスをいただいたので頑張っていきたいです」

小西健太さん 1バーディ、3ボギー、1トリプルボギー、77、通算7オーバー、55位タイ ベストアマ
「スコアがあまりよくなかったので、うれしいというより悔しいです。でも、最後に課題を見つけることができ、この冬に頑張っていこうと思います。東北福祉大ゴルフ部の先輩でありキャプテンの松山英樹さんが優勝、賞金王を決めたことはすごく刺激になりました。ゴルフ部にとっても、ものすごくうれしいことです」

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング