【中間速報】4連覇狙う藤田は出遅れ 近藤、宮里優が3アンダーでトップ

ParOn.(パーオン) / 2013年12月5日 13時38分

ゴルフ日本シリーズJTカップ(12月5~8日、東京都・東京よみうりCC、7023ヤード、パー70)

 気温14度と、12月の初旬とは思えない快晴の中始まった初日は、10組29人の選手全員がハーフターン。史上初の大会4連覇を狙う藤田寛之は、14番を終えた時点で5オーバー、27位タイと大きく出遅れた。

 6、7、9番と前半の上がりホールでスコアを伸ばした近藤共弘と、インコースに入って3バーディを奪った宮里優作が3アンダーで現在トップ。1打差の2アンダーに藤本佳則、小林正則、平塚哲二がつけており、混戦模様となっている。

 賞金ランキング2位の金亨成は4位の片山晋呉とともに1アンダー、3位の小田孔明はイーブンパーで前半を折り返している。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング