【コメント集】藤田寛之 調子とスコアって比例しないんですね

ParOn.(パーオン) / 2013年12月6日 17時5分

4連覇を目指す藤田寛之は19位タイに浮上 ゴルフ日本シリーズJTカップ(2013)(2日目) 写真・鈴木祥

ゴルフ日本シリーズJTカップ(12月5~8日、東京都・東京よみうりCC、7023ヤード、パー70)

李京勲(通算9アンダー、単独首位)
「今日は大満足に近いプレーができました(1イーグル、5バーディ、1ボギー)。17番のイーグルパットは2メートル。ショットも今日一番で入れたいプレッシャーの中でいいパットが打てました。3日目に最終組、そして優勝争いができることがうれしいです。昨年は、米ツアーのファイナルQTと日程が重なり出場することができませんでしたが、今年はこの素晴らしいトーナメントに出場できて、上位にいることはうれしいです。最終日も優勝争いできるように頑張ります」

谷原秀人(通算5アンダー、5位)
「2日間アンダーパーでのラウンドですが、状態はあまりよくありません。ただただ耐えているだけです。難しくて、ほかの選手もあまりスコアが伸びていないから、自分もこの位置にいるのだと思います。でも、残り2日間ありますから調子を上げていきたいと思います」

小田孔明(通算2アンダー、9位タイ)
「5番(384ヤード、パー4)のトリプルボギーは複雑骨折をした気分。心が折れましたが、そこからつなぐのが大変でした。17番(535ヤード、パー5)でイーグルが取れたのは、つなぎ合わせられたと思います。ちょっと救われました。でも、18番(227ヤード、パー3)のボギーで、またヒビが入った感じです。部門別のパーオン率(カシオワールドオープン終了時点12位)、バーディ率(同2位)、平均パット(同2位)のうち、一つは取りたいので、あと2日間バーディを量産します!」

池田勇太(通算イーブンパー、15位タイ)
「何も気負うことなく普通にプレーをしていましたが、中途半端な距離につくことが多かったです。明日から、またあらためてどんなスタートが切れるかどうか。手応えは悪くありませんし、調子も悪くないので頑張ります」

藤田寛之(通算2オーバー、19位タイ)
「初日(75)よりショットがダメでしたが67。調子とスコアって比例しないんですね。ミスもありましたが、3つへこますことができたのでよかったです。アンダーパーでプレーして、上に行かないといけないという意識の中で、このスコアには満足しています。できたら、あと2日間も今日のようなスコアでプレーしたいです」

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング