M・A・ヒメネス最年長優勝、片岡大育39位

ParOn.(パーオン) / 2013年12月8日 18時49分

最年長優勝記録を更新したミゲル・アンヘル・ヒメネス 香港オープン(2014)(最終日) 写真・Getty Images

香港オープン(12月5日~8日、香港・香港GC、6730ヤード、パー70)

 最終ラウンドが行われ、日本から唯一出場している片岡大育は、2バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの73でラウンド。スコアを3つ落とし、通算2アンダー、39位タイで大会を終えた。

 優勝争いは、通算12アンダーで並んだプロム・ミーサワット、スチュアート・マンリー、ミゲル・アンヘル・ヒメネスの3人がプレーオフに突入。1ホール目でバーディを決めた49歳のヒメネスが、昨年大会で自身が樹立した欧州ツアー最年長優勝記録を塗り替え、ツアー通算20勝目を決めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング