河野祐輝が6位に浮上! 石川遼もスコアを伸ばす

ParOn.(パーオン) / 2013年12月14日 20時9分

3日目もスコアを伸ばし、独走態勢に入ったセルジオ・ガルシア タイランド選手権(2013)(3日目) 写真・アジアンツアー

タイランド選手権(12月12~15日、タイ・アマタスプリングCC、パー72)

 4人の日本選手が決勝ラウンドに進出したアジアンツアーのタイランド選手権3日目。河野祐輝が65の好スコアをたたき出し、通算10アンダーで6位タイと浮上した。

 石川遼もこの日6バーディ、2ボギーの68で、4つスコアを伸ばして通算6アンダー。小林正則とともに23位タイに浮上した。また、川村昌弘も通算5アンダーの26位タイと、上位進出を狙える位置につけている。

 3日目も65と好スコアをマークし、首位を独走しているのは、通算18アンダーのセルジオ・ガルシア。4打差の2位にヘンリク・ステンソンら二人、5打差の4位にジャスティン・ローズと、実力者たちが上位につけている。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング