藤田寛之 1番のリカバリーが流れを作る

ParOn.(パーオン) / 2013年12月20日 21時5分

好調なショットでチームを勝利に導いた藤田寛之 ザ・ロイヤルトロフィ(2013)(1日目) 写真・村上航

ザ・ロイヤルトロフィ(12月20~22日、中国・広州 ドラゴンレイクGC、6968ヤード、パー72)

 今シーズン不調のまま終えてしまった藤田寛之が、初出場の「ザ・ロイヤルトロフィ」で復調の兆しを見せている。

 石川遼とコンビを組んで戦った第1ラウンドは、藤田がバーディチャンスにつけて石川がパットを沈めるなど、3アンド2で欧州選抜のニコラス・コルサーツ、ベルント・ウィスバーガー組に勝利した。

「(一つのボールを交互に打つ)フォーサムが一番難しい形式です。団体戦、そして初日ということもあり、すごく緊張しましたし、普段の試合以上に疲れました」

 13年シーズンを未勝利で終えてしまったが、アジア選抜代表に選ばれた今大会、そして来年に向けて、異例の打ち込みを行い乗り込んできたが、その成果が現れている。

「前半は自分の中でよかったと思いますが、後半は悪いショットも出てしまいました。それでも必要最低限のショットはできていると思うし、シーズン中より格段によくなっています」

 試合のプレッシャーを感じるなかで、まずまずの手応えを得ている。その藤田のハイライトともいえるのが、1番(パー5)の3打目のトラブルショットだ。

 1番(パー5)は、コルサーツがティショットを右に大きく曲げて林の中へ。2打目はフェアウエーに出すだけなど、パーセーブが厳しい状況だった。対して日本ペアは、石川の2打目が左の弦の群生の中へ。茎の抵抗が強く距離感が難しいなかで、藤田は3メートルにつけた。

「100回に1回打てないぐらいの難かしさ。計算出来るショットではなかったですが、うまくいってびっくりしました。今日いい結果に結びつきましたが、それを予感させるショットでした」

 トラブルからの藤田のナイスリカバリーによりパーセーブでき、ポイントを獲得。序盤からこの日のいい流れを作った。

「ショットは明日も課題の一つですね。ここでいい結果を出して、いい状態をキープしてオフに何をやればいいのか見つけたいですね」

 藤田にとってはアジア選抜の2連覇と自身の来年のきっかけをつかむ大会でもある。

文・小高拓

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング