まもなく最終日! タケ小山が見るロイヤルトロフィ

ParOn.(パーオン) / 2013年12月22日 11時46分

頑張れニッポン! タケ小山もアジアを応援!

ザ・ロイヤルトロフィ(12月20~22日、中国・広州 ドラゴンレイクGC、6968ヤード、パー72)

 アジア選抜対欧州選抜のザ・ロイヤルトロフィ最終日がいよいよ始まる。2日目終了時点でアジアチームが5ポイント、欧州チームが3ポイントで2ポイントリード。今日のシングル8戦で3.5ポイントを奪えばアジアの2連覇達成となる。

 今回、ゴルフネットワークで解説を務めるおなじみのタケ小山に今日の見どころを聞いてみた。

「今回はタイの二人が勢いがある。絶好調のキラデク(・アフィバーンラト)が1試合目で勝利。続くトンチャイ(・ジェイディー)も勝てるでしょう。そして(石川)遼も実力は欧州より上。この3人でスタートダッシュを決められればアジアでしょう」

 主力選手を後半に配置した欧州チームに対して、勢いのあるポイントゲッターを前半にすえたアジアが、一気に勝利に向かって走る展開を予想するタケ小山。

 アジアチームは主力メンバーをそろえたが、欧州チームは主力級が欠場。シーズンも終わってしまい、やや時間をおいての試合で、移動距離の問題などもあり、本調子ではないかもしれない。この大会を盛り上げるには何が必要なのか? やはり欧州が危機感を抱くような結果を出す必要がある。

「アジアがシングルス戦で圧勝して欧州を本気にさせる必要がある」

 タケ小山が語るように、今日のマッチが、来年以降の戦いに影響を及ぼすことになりそうだ。


大会の模様はゴルフネットワークで独占生中継!

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング