日本勢悔しい敗戦、欧州が5度目の大会制覇

ParOn.(パーオン) / 2013年12月22日 17時33分

連覇の夢かなわず敗れたアジアチームのメンバー ザ・ロイヤルトロフィ(2013)(最終日) 写真・村上航

ザ・ロイヤルトロフィ(12月20~22日、中国・広州 ドラゴンレイクGC、6968ヤード、パー72)

 第7回ザ・ロイヤルトロフィ最終日のシングルス戦8マッチが行われ、欧州勢が強さを見せアジアを逆転して大会を終えた。

 第1、2試合のタイ勢が幸先よく勝利を挙げてリードを4ポイントに広げたが、続く石川遼が敗れ、流れが欧州チームに傾いた。その後は5試合で、欧州が4勝1分けとアジアを圧倒し、第5回大会以来となる勝利。通算成績を5勝2敗とした。

 石川遼は、接戦を繰り広げたが、1ダウンで惜敗。第7試合の藤田寛之も3アンド2で敗れ、2日目のダブルスの雪辱を果たすことができなかった。

最終日の結果

第1試合
○キラデク・アフィバーンラト 3&2 ×ポール・ローリー
第2試合
○トンチャイ・ジェイディー 4&2 ×スティーブン・ギャラハー
第3試合
×石川遼 1UP ○マーク・ウォーレン
第4試合
×金亨成 1UP ○デビッド・ハウエル
第5試合
△金庚泰 AS △アルバロ・キロス
第6試合
×呉阿順 3&2 ○トービヨン・オルセン
第7試合
×藤田寛之 3&2 ○ベルント・ウィスバーガー
第8試合
×梁津萬 2UP ○ニコラス・コルサーツ

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング