期待のルーキー・藤田光里がレオパレス21と所属契約!

ParOn.(パーオン) / 2014年1月8日 12時34分

ルーキーイヤーから活躍が期待される藤田光里が、レオパレス21と契約

 昨年のプロテストに合格、今年から国内女子ツアーに本格参戦する19歳の藤田光里が7日、株式会社レオパレス21と所属契約を締結。その会見が8日、都内のレオパレス21本社で行われた。

 会見には藤田のほか、レオパレス21代表取締役社長の深山英世氏、常務執行役員の三池嘉一氏、藤田の母・美香さん、今季キャディを務める妹・美里さんらが出席。会見で藤田は

「こうして早い時期にお声をかけていただき、レオパレス21さんにはとても感謝しています。今年1年で、しっかり成長してきたいと思います。今年はシード権を取ることを目標に頑張っていきたいです」

 と語った。また、深山社長は

「有望な若い選手がいないだろうかと探していたところ、藤田プロに白羽の矢が立ちました。女子ツアーは試合数が多いですが、まずはじっくりツアーがどのようなものなのを知ってもらいたい。できれば優勝してもらいたいところですが、じっくり焦らず頑張ってほしい」
 
 とエールを送った。
 今回の契約締結にあたり、藤田はレオパレス21が運営するレオパレスリゾートグアム内のゴルフコースやスポーツ施設を合宿で利用できるほか、国内8カ所のホテルの利用、賃貸物件を提供してもらえるようになった。これはツアー1年目の藤田にとって、願ってもいないサポートと言える。というのも、藤田は現在、北海道を拠点としており、冬は整った環境で練習ができないだけでなく、移動の距離や手段も壁になっていた。今月には都内に拠点を構え、キャディを務める妹と二人暮らしを始める予定で、

「拠点を東京に構えて、母や妹と一緒にシーズンを戦えるのはすごく心強い」

 と笑顔を見せる。アマチュア時代に達成した北海道女子アマチュアゴルフ選手権5連覇のほか、昨年のプロテスト合格後、ファイナルクオリファイングトーナメントをトップ通過、LPGA新人戦加賀電子カップでプロ初優勝という輝かしい実績を残し、すでに大物の風格が漂う藤田。昨日のキャロウェイゴルフに続く契約に、期待の高さを感じずにはいられない。

「アマチュア時代から応援してくださる方も多く、期待の大きさは感じています。シード権を獲得するためにもまずは早く1勝したいです」

 藤田は来週から沖縄で10日間ほど合宿を行う予定で、体力と下半身の強化、ショートゲームのレベルアップに努める。その後はグアムでの合宿も予定している。藤田の初戦は女子ツアー開幕戦のダイキンオーキッドレディスとなる。

文 キム・ミョンウ

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング