出場に向けて調整中の松山英樹、結論は水曜日

ParOn.(パーオン) / 2014年1月8日 13時56分

松山英樹の登場を待つワイアラエCC ソニーオープン・イン・ハワイ(2014)(事前情報) 写真・佐々木啓

ソニーオープン・イン・ハワイ(1月9~12日、米国ハワイ州・ワイアラエCC、7068ヤード、パー70)

 2日後に開幕を控えたソニーオープン・イン・ハワイの練習日。日本勢は8人が出場を予定しているが、左手親指つけ根の関節炎が心配される松山英樹だけが、まだコースに顔を出していない。

 この日、東北福祉大ゴルフ部の阿部靖彦監督がコースを訪れた。

「松山は3日にハワイ入りしてから、ホノルル市内でトレーニングや練習を行っています。患部はだいぶいい状態になっており、打撃練習やラウンドも行っています。しかし、1カ月もクラブを握っていなかったので、ゴルフの状態が万全ではありません。出場に向けて調整をしていますが、ここで無理をしても仕方がないので、出場するかしないか、明日には決めます」

 3年連続3回出場しているだけにコースのことは熟知している。怪我をしてから1カ月の間、練習だけでなくトレーニングもまともにできていない。1年間戦うための体作りを含めて、現在調整中とのこと。

 明日はプロアマ大会にエントリーしているので、大会出場のレジストを行い、プロアマに出場して試合に出場するのか、プロアマに出場して試合出場の様子を見るのか、プロアマも出ずに欠場とするのか。3つの選択肢があるという。

文・小高拓

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング