アルバトロスでJ・ルイテンが首位タイに!

ParOn.(パーオン) / 2014年1月11日 12時9分

アルバトロスを記録して首位タイに立ったJ・ルイテン

ボルボゴルフチャンピオンズ(1月9~12日、南アフリカ・ダーバンCC、6689ヤード、パー72)

 2014年初のアルバトロスが出た!

 ダーバンCCの10番(560ヤード、パー5)で、オランダのユースト・ルイテンが放ったセカンドショットはグリーン手前に落ちると、ラインに乗ったボールは吸い込まれるようにピンに向かい、カップの中に沈んだ。

「4番アイアンで打ちました。ほぼまっすぐ飛んでいき、ボールが落ちて欲しいと思っていたグリーン手前に落ちた。そして、スロープを昇ってくれればと思っていたら、そのとおりになり、ピンにまっすぐ転がって入った。気分は最高ですよ」

 13番でもバーディを奪ったルイテンは、16番でボギーをたたくも最終18番をバーディとし、7アンダーでフィニッシュ。前日の5位タイから一気に首位タイに躍り出た。

 ルイテンと同じく首位に立ったのは、この日5アンダーをたたき出した、イングランドのトミー・フリートウッドと、昨年の覇者ルイ・ウェストヘーゼン。1打差の4位はビクター・デュビッソン(フランス)。

 そして20歳ですでに欧州ツアー4勝、今年からキャロウェイのクラブを使うイタリアの若手実力者、マテオ・マナセロが首位を2打差で追っている。

写真・Volvo in Golf

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング