P・ミケルソンは出遅れ R・ワッテルら3選手が首位に!

ParOn.(パーオン) / 2014年1月17日 11時32分

初日首位に立ったラファ・カブレラベロ アブダビHSBC選手権(2014)(1日目) 写真・Getty Images

アブダビHSBC選手権(1月16~19日、アラブ首長国連邦・アブダビGC、7600ヤード、パー72)

 初日、首位に立ったのはラファ・カブレラベロ(スペイン)、ロメイン・ワッテル(フランス)、マシュー・ボールドウィン(イングランド)の3選手だ。

「5週間、試合に出ていなかった。練習はしていたけど、また徐々に試合モードにしていきますよ。昨年の今ごろと状態が全く同じ、というわけではありませんが、このトップスタートにはかなり満足しています」

 そう答えたカブレラベロにとって、今大会は開幕戦。その初日でも落ち着いた面もちは、ツアー2勝という経験から来るものだろうか。

 一方、ボールドウィンとワッテルはツアー初優勝に向けて鼻息が荒い。

「昨年のザ・ネルソン・マンデラ選手権で自身初の2位タイになったことは、今後も挑戦し続ける自信になりました。たぶん、初優勝は近いのではないでしょうか。それは誰にも分かりません。でも、やはり勝ちたい!」(ボールドウィン)

「安定したプレーを心掛けました。素晴らしい選手が世界中から集まるアブダビの今大会は、ボクにとって毎回、いいテストです。だから、5アンダーはすごく嬉しい! 初日としてはとてもいいスタートです」(ワッテル)

 一方、大会の牽引役でもある世界ランク上位の選手はスロースターターだった。世界ランク3位で昨年、欧米ツアーの年間王者に輝いたヘンリク・ステンソンは2バーディ、4ボギーの74。2011年全英オープン覇者、ダレン・クラークとともに85位タイで初日を終えた。

 3年ぶりに今大会を自身の開幕戦にしたフィル・ミケルソンは、9番でボギーをたたいた以外はすべてパーとし、1オーバーでホールアウト(63位タイ)。昨年の不調からの復活が期待されるメジャー2勝の24歳、ロリー・マキロイは昨年、ダンロップフェニックスで大会2連覇を果たしたルーク・ドナルドとともに19位タイ(2アンダー)と首位と3打差につけている。なお、日本でもお馴染みのセルジオ・ガルシアは4オーバーの104位タイだった。

文・秋山義和

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング