タイガー・ウッズが始動! 相性のいい大会で今季初優勝を狙う

ParOn.(パーオン) / 2014年1月21日 18時0分

今大会から始動するT・ウッズ

メジャー大会へ向け勢いをつけたい

 今週はファーマーズインシュランスオープン(1月23~26日、カリフォルニア州・トーリーパインズ サウスCなど)が行われる。昨年の大会は、タイガー・ウッズが優勝した。1996年にウッズがプロ転向してから、4連勝を含む7勝を挙げるなど、得意としている大会だ。

 サウスコース、ノースコース各18ホール、計36ホールあるが、トーナメントでは両コースを使用。予選2日間はそれぞれ両コースを回り、決勝2日間は距離も長く難しいサウスコースが使われる。

 2008年、リーマンショックで世界的な不況が起きた。今大会のスポンサーを務めていた自動車メーカーのビュイックがあおりを受け、09年で撤退。10年から保険会社のファーマーズインシュランスがスポンサーになっている。

 ゴルフ界にはほとんど縁のない保険会社がスポンサーなので、米PGAツアーもファンも最初は不安もあり落ち着かなかったが、ふたを開ければすべてつつがなく、かえって以前よりも成功しているとの評価もある。

 ウッズは今年、現代トーナメント・オブ・チャンピオンズ、ソニーオープン・イン・ハワイ、そしてヒューマナチャレンジを欠場。いよいよ今大会から、シーズンをスタートさせる。

 昨年は今大会を皮切りに年間5勝を挙げているが、メジャー優勝には届かなかった。

 08年の全米オープンを最後にメジャータイトルから遠ざかっているウッズ。今年の目標は、なんといってもメジャー優勝だ。そのためにも得意なトーリーパインズで勢いをつけたい。

文・岩田禎夫

【岩田禎夫】
1933年9月30日生まれ、神奈川県出身。報知新聞にてゴルフをメーンとするスポーツ担当記者として活躍後、70年に退社。以降、フリーのゴルフジャーナリストとして、米ツアーを主に世界のゴルフを精力的に取材する。

Weekly Pargolf(2014年2月4日号)掲載

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング