ホールインワン賞が250万ドル!

ParOn.(パーオン) / 2014年2月1日 21時1分

T・ウッズも250万ドルに興奮気味!? オメガドバイデザートクラシック(2014)(2日目) 写真・秋山義和

オメガドバイデザートクラシック(1月30~2月2日、アラブ首長国連邦・エミレーツGC、7316ヤード、パー72)

 ホールインワン達成で250万ドルゲット! 日本円で2億5500万円(1ドル=約102円計算)がもらえるというビックプライズが設定されているのは、今週行われているオメガドバイデザートクラシックの17番ホールだ。

 いやはや何とも大判振る舞いのホールインワン賞が懸ったホールは325ヤード、パー4である。しかも、予選ラウンドの359ヤードから24ヤードもティグランドを前方に移動したことでチャンスは広がり、多くのプレーヤーがドライバーを手に一攫千金を狙った。

「行けそうだったら、行くよ。ピンポジによるけどね。グリーンを外してもいいリカバリーができそうなピン位置だったたら狙います」
 そう話したタイガー・ウッズのティショットは、残念ながらグリーン手前のラフの中。多くのギャラリーが期待したホールインワン達成とはならなかった。

 今回のビッグサプライズについて、同大会事務局は、

「ホールインワンは滅多に起こりませんよ。パー3でも難しいのに……、特にパー4のホールにおいてだと。パー3のとき以上に、実力だけじゃなく、物凄く引きが強くないと達成できませんよ」

 続けて、

「ホールインワン賞はいつも試合を盛り上げてくれます。パー4だと、パー3のときより選手やギャラリーも興奮するはずです。今回、25周年記念大会として、選手の間で話題になり、ギャラリーの興味を引くことになるでしょう」

 日本の男女ツアーだと、高額でも数百万円というホールインワン賞。2009年のドバイショックを忘れさせる、驚がくの250万ドルのホールインワン賞。果たして今日、明日の二日間でビックマネーをゲットする選手はいるのだろうか。

文・秋山義和

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング