松山、比嘉ら4人が新人賞獲得!

ParOn.(パーオン) / 2014年2月7日 20時1分

川村昌弘、堀奈津佳ら4人がルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞

 日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)が選ぶ2013年度GTPAルーキー・オブ・ザ・イヤーの表彰式が7日、都内ホテルで行われた。同賞に選出されたのは松山英樹、川村昌弘、比嘉真美子、堀奈津佳の4人。

 表彰式に先立ち、ジャパンゴルフツアー選手会・副会長の宮里優作が登壇。公の場で副会長として初仕事となった宮里は、

「今年も男子ツアーは“挑戦と貢献”をスローガンに様々な選手育成やシニアの活性化に取り組んでいます。次の世代につなげていくトーナメントを目指していきたい。今回表彰された選手のように、次世代を担う選手がどんどん出てくるのを願っています」

 とあいさつした。

 表彰式には川村と堀が出席。松山は米ツアー参戦中のため、東北福祉大学ゴルフ部の阿部靖彦監督が代理受賞者となったほか、比嘉はフロリダで合宿中のため、姉でマネージャーの久美子氏が代理で出席した。

 壇上で川村は

「歴代のすごい先輩たちがいただいている賞をもらうことができて、とてもうれしい。松山さんはずば抜けていますが、離されないようにがんばりたい。まずは今季1勝。今年はアジアンツアーのシード権もあるので、積極的に出場していきたい」

 と話した。

 キュートなドレスで登場した堀はタイ合宿中だったが、この日のために日本に戻ってきたことを明かし、

「このような賞をいただけてすごく光栄です。今年は早い時期にツアー3勝目を挙げることが目標です」

 と笑顔で語った。
 出席できなかった松山と比嘉は、ビデオメッセージで登場。松山は

「これからはさらに違う賞を受賞できるようにがんばっていきたい。米ツアーでの目標は、まずシードを決めて、そこから優勝を目指していきたい。その先にメジャー優勝があると思っています。日本ツアーにも出たい気持ちがあるので、早めにシードを決めて、日本ツアーの試合をどんどん入れるようにしたいと思っています」

 とコメントした。一方の比嘉は

「限りあるチャンスの中でしか与えられない賞なので、それをつかむことができたのは、これからの私にとって良いきっかけになります。米ツアー参戦については、沖縄の先輩たちが素晴らしい結果を残しているので、早く戦ってみたいという気持ちもありますし、賞金女王を目指してみたいという気持ちも生まれてきました。今季は昨年以上の成績を出して、ゴルフ界をもっと盛り上げていけるように頑張っていきます」

 と話した。

文 キム・ミョンウ

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング