マスターズ前哨戦 T・ウッズら強豪がそろって出場する大会を制するのは?

ParOn.(パーオン) / 2014年2月25日 11時0分

マスターズに照準を合わせているタイガー・ウッズの戦いに注目 写真・Getty Images

石川&松山も参戦予定

 選手たちがシーズン最初のメジャー、4月のマスターズに照準を合わせる時期に入ってきた。

 今週は、ザ・ホンダクラシック(2月27日~3月2日、米国フロリダ州・PGAナショナル チャンピオン)が開催される。

 ザ・ホンダクラシックは、何度か開催コースが変わった後、2007年から現在のコースで行われている。オリジナルのコースはトム・ファッジオらの設計で、評判は悪くなかったが、その後ジャック・ニクラスが改造してから一段と評価が上がった。

 特に15番からの上がりホールは、バンカーと池がとても難しく配置され、ミスをすれば一気に地獄を見ることになる。

 今年はWGC-アクセンチュアマッチプレー選手権とWGC-キャデラック選手権という二つのWGC大会に挟まれて日程的には恵まれないが、タイガー・ウッズはアクセンチュアを見送って今大会に出場する。 

 タイガーは今年、得意とするファーマーズインシュランスオープンで3日目に79をたたき、最終日のプレーに進めなかった。その後、欧州ツアーのオメガドバイデザートクラシックでも41位タイと振るわない成績だったが、どこまで復調してくるか楽しみだ。

 また、昨年のマスターズ優勝者であるアダム・スコットや全米オープンを制したジャスティン・ローズ、全英オープンのタイトルを獲得したフィル・ミケルソン、そしてロリー・マキロイら豪華なメンバーが登場する。日本勢は、石川遼、松山英樹がともに参戦予定だ。

 マスターズ前哨戦といっても過言ではない今大会。この大会の優勝者がマスターズ王者になるかもしれない。

文・岩田禎夫

【岩田禎夫】
1933年9月30日生まれ、神奈川県出身。報知新聞にてゴルフをメーンとするスポーツ担当記者として
活躍後、70年に退社。以降、フリーのゴルフジャーナリストとして、米ツアーを主に世界のゴルフを精力的に取材する。

Weekly Pargolf 3月11日号掲載

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング