宮里藍ら日本勢出遅れ、K・ウェブ単独首位

ParOn.(パーオン) / 2014年2月27日 17時14分

シンガポールの港の景色も名物の本大会。日本勢の巻き返しに期待したい HSBC女子チャンピオンズ(2014)(1日目) 写真・Getty Images

HSBC女子チャンピオンズ(2月27日~3月2日、シンガポール・セントーサGCザ・シェラポンC、6600ヤード、パー72)

 米LPGAツアー今季第4戦が開幕。63人が出場している本大会だが、日本から参戦している宮里藍、宮里美香、上原彩子の3人はともに3オーバー、43位タイと苦戦を強いられた。

 宮里藍は前半を2ボギーで折り返すと、後半の10番でもボギー。12番でバーディを奪ったが15番でもボギーを喫し、終始波に乗れずホールアウト。宮里美香は、1番をボギー発進するもすぐさま2番でバーディを奪うと6番でもバーディを奪い1アンダーでハーフターン。しかし後半は3連続を含む4ボギーで失速した。上原は1番から3連続ボギーと苦しいスタート。その後はイーブンにまとめただけに、悔やまれる出だしとなった。

 単独首位は6バーディ、ノーボギーの6アンダーで回ったカリー・ウェブ。1打差の5アンダー、2位タイにポーラ・クリーマーとキャロライン・ヘッドウォール。4アンダー、4位タイに日本でもおなじみのテレサ・ルーとアンジェラ・スタンフォード。3アンダー、6位にアザハラ・ムニョスがつけている。

 朴仁妃(パク・インビ)は2アンダー、7位タイ。スーザン・ペテルセン、レキシー・トンプソンはともに1アンダー、12位タイ。注目のリディア・コは1オーバー、27位タイとやや出遅れた。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング