R・マキロイ首位発進、松山57位、石川140位

ParOn.(パーオン) / 2014年2月28日 9時18分

単独首位に立ったロリー・マキロイ ザ・ホンダクラシック(2014)(1日目) 写真・村上航

ザ・ホンダクラシック(2月27日~3月2日、米国フロリダ州・PGAナショナル チャンピオンC、7158ヤード、パー70)

 日本から松山英樹と石川遼の二人が参戦しているザ・ホンダクラシックが開幕。松山は首位と7打差のイーブンパー、57位タイ。石川は、6オーバー、140位タイと大きく出遅れた。

 1番スタートの松山は、2番でボギーが先行するも、3番のパー5で2オンに成功。1.5メートルのイーグルパットを沈めたが、その後はスコアメークに苦しみ、1イーグル、2バーディ、4ボギーでホールアウトした。

 一方の石川遼は、出だしの10番をボギーとすると、続く11番では「8」をたたき一気にスコアを崩した。15番でもダブルボギーをたたくなど前半だけで6オーバーの苦しい展開。後半こそイーブンにまとめたが、浮上のきっかけをつかめなかった。

 首位は7バーディ、ノーボギーのラウンドで7アンダーをたたき出したロリー・マキロイ。1打差の2位にラッセル・ヘンリー。5アンダー、3位タイにローリー・サバティーニ、ウィリアム・マガート、ジェイミー・ドナルドソンの3人が続く。

 アダム・スコットは2アンダー、22位タイ。フィル・ミケルソンは松山と同じくイーブンパー、57位タイ。タイガー・ウッズは1オーバー、81位タイからのスタートとなった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング