R・マキロイが首位をキープ 石川遼は予選落ち

ParOn.(パーオン) / 2014年3月1日 9時54分

初日に引き続き好調のロリー・マキロイ ザ・ホンダクラシック(2014)(2日目) 写真・村上航

ザ・ホンダクラシック(2月27日~3月2日、米国フロリダ州・PGAナショナル チャンピオンC、7158ヤード、パー70)

 松山英樹がスタート前に棄権という、残念なニュースが届いた2日目。もう一人の若武者・石川遼はアウトコースからスタート。出だし2ホールを連続ボギーとしてつまずくが、続く3、4番で連続バーディを奪い、さらに8番でもバーディとしてスコアを一つ伸ばして後半戦へ、しかしインでは3つのボギーを打つなど乱れ、この日イーブンパー、通算6オーバーとし、3大会連続で予選落ちを喫してしまった。

 首位は初日から好調のロリー・マキロイ。この日も4つスコアを伸ばし、通算11アンダーとしている。1打差の2位にブレンドン・デ・ヨング、8アンダーの3位にはラッセル・ヘンリーがつけている。

 また、タイガー・ウッズはこの日1アンダー、通算イーブンパーでなんとか予選を通過。逆にフィル・ミケルソンは通算1オーバーでカットラインに一打及ばなかった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング