森田理香子ら女子プロが続々と沖縄入り!

ParOn.(パーオン) / 2014年3月3日 20時39分

ミス沖縄クリーングリーングレイシャスの名護愛(なご・ちか)さんから花束を贈呈される森田理香子 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント(2014)(事前情報) 写真提供・大会事務局

ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント(3月7~9日、沖縄県・琉球GC、6473ヤード、パー72)

 7日(金)にダイキンオーキッドレディスで開幕する2014年日本女子ツアー。沖縄県、そして主催者では、歓迎の意を込めてディフェンディングチャンピオンや沖縄県勢の来沖時に空港で花束贈呈のセレモニーを行っている。

 月曜昼すぎには、ディフェンディングチャンピオンの森田理香子と、米LPGAツアーから帰国、参戦する上原彩子のセレモニー。その後、諸見里しのぶのセレモニーも実施された。

 優勝した昨年の同大会から1年が過ぎたことを聞かれた森田は、

「プレーオフの相手が横峯さくらさんだったので、まさか自分が優勝できるとは思っていなかったんですけど、そういったことを思い出しながら頑張りたいと思います」

 と大会への意気込みを語り、さらに賞金女王について聞かれると次のように答えた。

「昨年同様、1番になれたらうれしいんですけど、まずはトップ3を目指したい。開幕戦連覇も私にしか狙えないことなので、頑張りたいと思います」

 また、上原と諸見里も力強いコメント。

「昨年、米女子ツアーに挑戦して、いろいろなコースでプレーをし、学ぶことがたくさんあった。そういう成長した部分を、ギャラリーの方にお見せできたらと思います」(上原)

「毎年思うことなんですけど、今の私があるのはこの大会、そしてダイキン工業さんのおかげだと思っています。地元のファンの皆さんや、お世話になった方々に恩返しをするためにも頑張っていきたいと思います」(諸見里)

 他の選手も続々と沖縄入り。金曜の開幕に向けて、いやがうえにもムードが盛り上がってきた。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング