松山英樹 首位と4打差の15位タイ ウッズは出遅れ

ParOn.(パーオン) / 2014年3月8日 1時32分

WGC-キャデラック選手権(3月6~3月9日、米国フロリダ州・トランプナショナルドラル、7334ヤード、パー72)

 WGC-キャデラック選手権2日目は、8時45分に日没サスペンデットとなった第1ラウンドが再開。7バーディ、3ボギーの68、4アンダーで回ったパトリック・リードが首位に立った。1打差2位にはハリス・イングリッシュ、ジェイソン・ダフナー、ダスティン・ジョンソンら6人が並ぶ。

 4バーディ、4ボギーの72、イーブンパーで回った松山英樹は、金亨成とともに15位タイにつけた。

 大会連覇を狙うタイガー・ウッズは、3バーディ、5ボギー、1ダブルボギーの76、4オーバー、52位タイと出遅れた。

 午前11時から予定どおり第2ラウンドがスタートした。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング