大堀裕次郎&柏原明日架さんがJGAアカデミック・アウォード最優秀賞を獲得!

ParOn.(パーオン) / 2014年3月17日 17時32分

(写真左下から)柏原明日架さん、大堀裕次郎、(左上から)坂下莉翔子さん、佐藤千紘さん、和田章太郎さんら、10人の選手がJGAアカデミック・ゴルフ・アウォードを受賞した

「ゴルフ技術はもとより学業、人間性、ゴルフ界への貢献活動など総合的に優れた学生ゴルファーと、そのゴルファーを育てたゴルフ部を表彰し、学生ゴルフの健全な発展に寄与する」(JGA)

 という目的から1999年より実施されているJGA(日本ゴルフ協会)アカデミック・ゴルフ・アウォード。2013年度の受賞者10人が表彰を受けた。

 高校生の部で最優秀賞を受賞したのは、日章学園高校3年の柏原明日架さん。先週のヨコハマタイヤPRGRレディスに出場している期待の選手だ。

「3月3日に卒業式があって、そこからゴルフと向き合う時間が増えて、いろいろと考えるようになりました。4月からプロテストが始まるので、それに向けて頑張っていきたい。目標は日本のツアーの中で常にトップに立つこと」

 と、今季はプロを目指して活動をする予定だ。

 また大学生の部で最優秀賞を獲得したのは、13年の日本アマチュア選手権を制した大堀裕次郎。大堀はすでに昨年12月にプロ転向を果たし、アジアンツアーのQスクールやニュージーランドオープンなどにも参加してきた。

「海外で試合をするためには、食事や環境などゴルフ以外のところでなじんでいかないと、通用しないと感じました」

 夢は中学のときから変わらずマスターズ制覇だというが、

「中学生のときはあまり具体性はなかった。けれど、実際にプロになって夢から目標に変わりました。マスターズは全部の試合が印象に残っています」

 プロとしての自覚と、自身の課題をしっかり持って、目標であるマスターズ優勝まで突き進む。

 当面は4月12日から始まる北九州オープンに出場する予定だが、レギュラーツアーにも出場するシーンが増えてくるはずだ。

 同アウォードの過去の最優秀賞受賞者は松山英樹、宮里藍、森田理香子など第一線で活躍している選手が多いだけに、今回受賞した二人にも今後の活躍に期待がかかる。

2013年度 JGAアカデミック・ゴルフ・アウォード 受賞者

大学生の部
最優秀賞
大堀裕次郎(大阪学院大学4年)

優秀賞
坂下莉翔子(同志社大学2年)
佐藤絵美(東北福祉大学4年)

奨励賞
梅山知宏(東北福祉大学4年)
佐藤千紘(明治大学4年)

高校生の部
最優秀賞
柏原明日架(日章学園高校3年)

優秀賞
和田章太郎(福岡第一高校3年)
堀 琴音(滝川第二高校3年)

奨励賞
磯 佑太(水城高校3年)
佐藤太地(札幌光星高校3年)

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング