森田理香子が今季初優勝! 佐賀県が大好きになりました!

ParOn.(パーオン) / 2014年3月23日 17時25分

今季初優勝でツアー通算7勝目を挙げた森田理香子 Tポイントレディス(2014)(最終日) 写真・鈴木祥

Tポイントレディス(3月21~23日、佐賀県・若木GC、6304ヤード、パー72)

 大会最終日は通算7アンダーの首位でスタートした森田理香子が、終始安定したゴルフで3バーディ、2ボギーの71。通算8アンダーで2位の原江里菜に4打差をつけて逃げ切り、今季初優勝。ツアー通算7勝目を挙げた。

 昨年開幕戦を制すると4戦連続で3位以内に入り、年間4勝を挙げて賞金女王になった森田。今季も開幕戦2位、そして3戦目で初優勝と昨年同様にシーズン序盤から流れに乗りそうな勢いを見せつけた。

 森田に1打差の2位タイでスタートした原は、前半からバーデイを奪えない我慢のプレーが続くと、8番(パー5)で痛恨のダブルボギー。結局、森田に追いつくことができず2バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの74、通算4アンダーで単独の2位に終わり、6年ぶりの優勝とはならなかった。

 また、森田、原と同じ最終組で回ったイ ボミは、2バーディ、4ボギーの74とスコアを二つ落とし、通算1アンダーの10位タイに沈んだ。

 通算3アンダーの3位タイには開幕戦VのO.サタヤと自身ベストフィニッシュの福田真未、通算2アンダーの5位タイには横峯さくら、西山ゆかり、福嶋浩子ら5人が入った。

主な選手のコメント

森田理香子(通算8アンダー、1位)
「3戦目で早くも優勝できてうれしいです。今季1勝できたので、また1勝できるように頑張りたいです。初日から、たくさんのギャラリーに来ていただき、応援していただきました。佐賀県が大好きになりました!」

福田真未(通算3アンダー、3位タイ)
「すごく緊張していた最終日で、気持ちを切り替えてプレーすることができました。ショットが安定していることが、開幕から好調を維持できている理由の一つだと思います。初日に続いて、おばあちゃんも見に来てくれたのもうれしかったです。今季はシード権を取ることが目標なので、調子がいいときにできるだけ上位で上がりたいです。来週からも頑張ります」

福嶋浩子(通算2アンダー、5位タイ)
「自身のベストフィニッシュですから本当に上出来です。つかんだものがいっぱいありました。上位でプレーすることは、これまで経験のなかったことですからね。緊張したときにどんな球が出やすいかなど、自分のメンタル部分が分かりました。これからもどんどん試合に出て頑張りたいです」

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング