初めてのゴルフ観戦に感動してゴルフを始めることになりました~第3回~

ParOn.(パーオン) / 2014年3月25日 19時37分

こんにちは、榎並と申します。ゴルフは素人です。最近覚えたゴルフ用語はアゲインストです

連載第1回目「ゴルフと出会う編」はコチラ
連載第2回目「クラブを買う編」はコチラ

 バーディとボギーの違いを最近知ったゴルフビギナーが、おそるおそるゴルフに挑むこの連載も3回目。前回、最高のゴルフクラブを手に入れ、「早く打ちたい、振り回したい」という欲望が最高潮に達していたころ、当企画の担当編集者である芥川さんからお誘いを受けた。

「練習場に行きませんか?」

 というわけで今回は、初めての練習場に行ってきたお話です。

(※この連載はゴルフ素人の筆者が知識ゼロからゴルフを始め、コースデビューを果たすまでを綴るドキュメンタリーです。無知であるがゆえ、端々に無邪気な発言が目立ちますが、どうかご容赦ください)
 やってきたのは打ちっぱなしという、打ち放題のゴルフ練習場である。食べ放題はよく行くが、打ち放題は初めてだ。いったい、どんな場所なのか?

 余談だが、昔読んだ小説で不倫カップルがゴルフ練習場で密会しているシーンが出てきた。以来、ゴルフ練習場にはなんとなくセクシャルなイメージを抱いている(ほんとに余談だ)。
 なお、料金は1時間打ち放題で4000円。お金を払い、「6番」と書かれた打席に入る。6番といえば、安打製造機とうたわれた元読売ジャイアンツ・篠塚和典選手の背番号。これは縁起がいい。篠塚選手にならい、クリーンヒットをかっ飛ばしたい。
 この一打からぼくのゴルフ人生の幕が開くと思うと感慨深い。心してアドレスに入り、振りかぶる。さあ白いボールよ、どこまでも飛んでいけ!
 ちなみにこちらがその人生第1打を記録した動画になります。


 まあだいたい想像はついたけど、記念すべき第一打席は空振り。第二打席も空振り。その後も、振れども振れどもクラブは空を切るばかり。ゴルフ人生の幕、なかなか開かない。

 同行の芥川さんによれば、初めての練習でまともに当たらず、それがトラウマになってゴルフへの興味を失ってしまう人もいるらしい。なんと! 完全にそっちのパターンじゃないかこれ。
 構えで重要なのは美しい姿勢を保つこと。極端に上体が立っていたり、丸まったりしているとボールに当たる確率が下がるという。ぼくは猫背なので後者のタイプだ。そこでまんまるの背中をうんと伸ばし、再びアドレスに入る。
「カツーン」。乾いた音を残し、転がっていくボール。会心の一打とはいえないが、初めてボールをとらえることができた。この喜びは林店長に伝えたいと思う(※前回クラブを買ったショップの店長)。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング