上井邦裕と松村道央が、7アンダーの2位タイと好発進!

ParOn.(パーオン) / 2014年3月27日 19時52分

7アンダーの2位タイと幸先のいいスタートを決めた上井邦裕 インドネシアPGA選手権(2014)(1日目) 写真・OneAsia

インドネシアPGA選手権(3月27~30日、インドネシア・ダマイインダGブミサーポンダマイC、7156ヤード、パー72)

 JGTOとワンアジアツアーの共同開催で、2014年の日本男子ツアー初戦となるインドネシアPGA選手権が、現地時間27日に開幕した。

 8バーディ、1ボギーの65で回った上井邦裕と、1イーグル、6バーディ、1ボギーで、同じく65で回った松村道央が日本勢の最高順位。トップから1打差の7アンダー、2位タイと好スタートを決めた。

 そのほか日本勢は、6アンダーの5位タイに片岡大育、5アンダーの8位タイに時松隆光、4アンダーの22位タイにつけた塚田陽亮、藤田寛之らが上位に顔を出している。池田勇太は1アンダーの74位タイ、宮里優作は1オーバーの106位タイ、昨年覇者の崔虎星は3オーバーの127位タイと出遅れた。

 なお、ニュージーランドのパディソン・ガレスが、2イーグル、5バーディ、1ボギーの64で回り、8アンダーで初日の単独トップに立った。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング