初優勝に王手! S・バウディッチが3打差で首位キープ

ParOn.(パーオン) / 2014年3月30日 8時20分

チップインイーグルなど小技がさえ首位を守ったスティーブン・バウディッチ バレロテキサスオープン(2014)(3日目) 写真・Getty Images

バレロテキサスオープン(3月27~30日、米国テキサス州・TPCサン・アントニオ、7435ヤード、パー72)

 現地時間29日に行われた大会3日目。8アンダーでスタートしたスティーブン・バウディッチ(豪州)が68で回り、通算12アンダーで首位を守った。2位には、この日65の7アンダーと大きくスコアを伸ばしたマット・クーチャーが、アンドリュー・ループと並んで通算9アンダーの3打差につけている。

 バウディッチは、出だしの1番(パー4)でチップインバーディ、続く2番(パー5)ではチップインイーグルを奪うなど小技がさえ、1イーグル、3バーディ、1ボギーの68、スコアを4つ伸ばして通算12アンダーで首位を守った。3日間連続60台の安定したゴルフで、初優勝に王手をかけた。

 1打差2位からスタートしたループは、5バーディ、2ボギーの70と二つ伸ばし、通算9アンダーで2位をキープ。また16位のクーチャーが、1番からの3連続バーディを含む、8バーディ、1ボギーの65と、スコアを大きく伸ばして通算9アンダーて同じく2位タイに入った。上位3人の中では唯一優勝経験を持つクーチャーが逆転でツアー通算7勝目を狙う。

 4位には通算8アンダーでパット・ペレス、さらに1打差の通算7アンダーの5位にケビン・ナがつけている。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング