柏原明日架さん「次は自分の番!」

ParOn.(パーオン) / 2014年3月30日 19時4分

最終日最終組から地元優勝を狙ったアマチュアの柏原明日架さん アクサレディス in MIYAZAKI(2014)(最終日) 写真・村上航

アクサレディス in MIYAZAKI(3月28~30日、宮崎県・UMKCC、6470ヤード、パー72)

 アマチュアの柏原明日架さんが最終日を4バーディ、2ボギーの70、通算8アンダーの4位タイに入り、2年連続でベストアマチュアを獲得した。

 最終日、最終組で藤田幸希と渡邉彩香らに最後まで必死に食らいついた。アマチュアとして、地元での優勝の可能性も残されていたが、

「スタートから思ったよりも緊張していました。体が思ったよりも動かないというか、固まっていました。でも、試合は一日中楽しかったです」

 と振り返った。

 2番のショートホールでボギーが先行したあと、5番をバーディとしたが、後半の11番でボギー。その後13、14、16番でバーディを奪って締めくくった。

「最終日、最終組でプレーしてアンダーパーで回れたのは自信になりました。18番の渡邉さんのイーグルは、まさか入るとは思っていませんでした。しっかりチャンスを待っているんだろうなという感じはありました」

 とにかく柏原さんにとっては、今回の経験は成長への糧となったに違いない。それが言葉の一つ一つににじみ出ていた。

「藤田さんも渡邉さんも飛距離が出るのですごいなって見ていました。あとは最後のアプローチとか、パッティングも見ていて、『こういう感じで打つのかな』とか『こういう表情していたな』とかを見ていました」

 今月3日に高校を卒業し、今後は目標とするプロテスト第2次予選のほか、リゾートトラストレディス(5月30日~6月1日、兵庫県・関西GC)の出場が控えている。

「優勝した渡邉さんが優勝のブレザーを着ていたのを見て、『次は自分だ』と思いました」

 言動もプレーもすでに18歳の面影はない。今後の活躍に期待だ。

文・キム ミョンウ

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング