日本ジュニア王者・和田章太郎がいよいよプロデビュー

ParOn.(パーオン) / 2014年4月3日 21時38分

いよいよプロデビューを飾る日本ジュニア王者の和田章太郎 写真・JGTO

 日本男子ツアーは4月17日に東建ホームメイトカップで国内開幕戦を迎えるが、それに先駆けて4月4~6日、チャレンジトーナメント第1戦のNovil Cupが徳島県・Jクラシックゴルフクラブで行われる(賞金総額1500万円、優勝賞金270万円)。

 若手選手やツアー復帰を目指す実力者などが集い、熱戦が繰り広げられるチャレンジトーナメント。今シーズンの注目の一人は、昨年の日本ジュニアで優勝し、先月に高校を卒業したばかりの和田章太郎(18歳)だ。

 昨年は日本ジュニアだけではなく、九州アマ、国体少年の部でも優勝。また、マイナビABCチャンピオンシップではホールインワンを達成し、R&Aのアマチュア規定改訂以降、国内男子のアマチュアでは初めてホールインワン賞の賞金を手にした。

「プロになってからの初めての試合になるので楽しみです。当たり前のことですけど、ゴルフが自分の仕事となる。クラブ契約(キャロウェイゴルフ)や所属契約(日本経済大学)をさせていただいて、プロとなったという実感がありました。背負うものができましたし、これから試合にたくさん出場して、期待に応えられるようになりたいです」

 さらに続けて、

「早く成績を残して、レギュラーツアーに出場できるように頑張ります。まずは日本ツアーで優勝争いをするような選手になって、将来的には世界で戦える選手になりたい」

 と目を輝かせる。

 最高賞金額の同大会で優勝すれば、2015年のツアートーナメント出場に向けて大きなアドバンデージを得る。プロデビュー戦で結果を出すことができるのか注目といえるだろう。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング