宮里聖志が単独首位スタート!

ParOn.(パーオン) / 2014年4月4日 19時2分

チャレンジツアーに挑戦中の宮里聖志が好発進 写真・JGTO

Novilカップ(4月4~6日、徳島県・JクラシックGC、7206ヤード、パー72)

国内男子のレギュラ-ツアー開幕に先立ち、チャレンジトーナメントが徳島県で開幕。第1組がスタートした当初は穏やかな天候だったが、徐々に風雨が強まり難コンディションでの幕開けとなった。

出場144名中、アンダーパーでプレーしたのはわずかに3人というサバイバルコンディションの中、ツアー1勝・昨年まで8年連続賞金シードを続けていた実績を持つ宮里聖志がベテランらしく4バーディ・2ボギーにまとめ、2アンダーで単独首位スタートを切った。

「できすぎですね。今日はすごくパターが入ってくれたし、この風が強いコンディションの中、たくさんバーディをとることができましたし、非常によかったですね。去年ちょっとパターが調子悪くて、1年間通して調子が悪かったので、オフはパターとグリーン周りを重点的にやってきました。去年しんどいシーズンでシードを落としてしまったし、今年はシードを取り戻したいし、何試合かツアーも出るので、そこでまた成績を残していきたいと思います。応援してもらっているうちに頑張ります」

 と、課題のグリーン周りがさえての結果に、満足げだった。

1打差の2位には甲斐慎太郎と岩井亮磨が続き、2打差の4位に日高良幸と塩見好輝が続く展開となった。ホストプロの額賀辰徳は3オーバーの17位、地元徳島県出身の高橋佳伸は4オーバーの29位とまずますのスタートを切った。

初日の主な結果
1 宮里 聖志 -2
2T 岩井 亮磨 -1
2T 甲斐 慎太郎 -1
4T 日高 良幸 0
4T 塩見 好輝 0
6T 李 大俊 +1
6T 今平 周吾 +1
6T 岸本 翔太 +1
9T 河合 庄司 +2
9T 岩本 高志 +2
9T 浅地 洋佑 +2
9T 井殿 康和 +2
9T 姜 東雨 +2
9T 兼本 貴司 +2
9T 近藤 龍一 +2
9T 崔 準祐 +2
17T 大宮 正幸 +3
17T 小島 亮太 +3
17T 木下 稜介 +3
17T 佐藤 圭介 +3
17T 太田 直己 +3
17T 小田 新 +3
17T 吉永 智一 +3
17T 稲森 佑貴 +3
17T すし 石垣 +3
17T 金 亨泰 +3
17T 額賀 辰徳 +3
17T 菊池 純 +3

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング