B・ワトソン優勝! J・スピース2位タイ、最年少優勝ならず

ParOn.(パーオン) / 2014年4月14日 8時14分

昨年の優勝者アダム・スコットからグリーンジャケットを着させてもらうバッバ・ワトソン マスターズトーナメント(2014)(最終日) 写真・鈴木祥

マスターズトーナメント(4月10~13日、米国ジョージア州・オーガスタナショナルGC、7435ヤード、パー72)

 現地時間13日に行われた大会最終日。最年少優勝を目指す20歳のジョーダン・スピースと2度目の優勝を目指すバッバ・ワトソンの最終組による戦いは、35歳のベテランに軍配が上がった。

 先に抜け出したのはスピース。2番でバーディが先行すると、4番では手前のバンカーから直接カップに放り込み、通算7アンダーでワトソンに2打差をつける。6、7番でも連続バーディを奪うなどワトソンとの2打差は変わらず、このまま前半を終えるかと思われたが、8、9番で連続ボギーをたたき、連続バーディとしたワトソンと立場が逆転。今度は2打差でワトソンがトップに立ち、サンデーバックナインへ。

 ワトソンが10番をボギーとし通算7アンダー、スピースと1打差で迎えたアーメンコーナーで勝負が決まった。12番パー3のティショットを池に入れ、ボギーとしたスピースは通算5アンダー。13番(パー5)を得意の飛距離でバーディとしたワトソンが、3打差をつけて抜け出すと、その差を守ったまま5バーディ、2ボギーの69、通算8アンダーでフィニッシュ。2012年大会に続き、2度目のグリーンジャケットに袖を通した。

 一方のスピースは、初出場で最年少優勝を目指したが、4バーディ、4ボギーの72、通算5アンダーで2位タイとなり、夢はかなわなかった。

 3位タイから逆転優勝を狙ったマット・クーチャーは、3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの74と二つスコアを落とし、通算2アンダーの5位タイ。同じ3位タイスタートのジョナス・ブリクストは、2バーディ、1ボギーの71。一つスコアを伸ばして通算5アンダーで2位タイに入った。

 50歳のミゲル・アンヘル・ヒメネスは、5バーディ、4ボギーの71、スコアを一つ伸ばして通算4アンダーで単独4位。同じ組で回ったリッキー・ファウラーは、2バーディ、3ボギーの73、通算2アンダーでクーチャーとともに5位タイに入った。ローアマに輝いたのは、通算10オーバー、49位に入ったオリバー・ゴス。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング