川村昌弘が暫定5位! 首位はL・ウエストウッド

ParOn.(パーオン) / 2014年4月18日 7時9分

暫定5位の川村と首位のウエストウッド(写真左から) メイバンク マレーシアオープン(2014)(1日目) 写真・Getty Images

メイバンク マレーシアオープン(4月17~20日、マレーシア・クアラルンプールG&CC、6967ヤード、パー72)

 川村昌弘、小林正則、そして片岡大育の3選手が出場した今大会。初日暫定5位タイの4アンダーをマークしたのは川村だ。

 この日、ボギースタートした川村だったが、その後4バーディを奪い、前半を3アンダーでハーフターン。後半も15番でボギーをたたくものの、翌16番をバーディにして再び4アンダーにスコアを戻した。17番をパーとした後、プレー途中だったが、初日はサスペンデッドで終了。暫定首位のリー・ウエストウッド(イングランド)に3打差と好スタートを切った。

 マスターズで7位タイだったウエストウッドは、その好調をキープしたまま初日を戦い、8バーディ、1ボギーの65をマークし、7アンダーで暫定トップに立った。

「7位タイで終わった先週はいいプレーをしていたし、今日、その調子のままプレーできたのはよかった。確かに、ここはオーガスタよりやや難しいコースです。が、オーガスタでロースコアをマークしたなら、このコースでもロースコアで回れるはずです。それを今日、私が証明しました」(ウエストウッド)

 首位と1打差の6アンダーで暫定2位はニコラス・コルサーツ(ベルギー)、5アンダーの同3位タイにはマイケル・ホエイ(イングランド)とリカルド・サントス(ポルトガル)がいる。

 なお、小林は1オーバーの暫定61位タイで、片岡が5オーバーの同117位で初日を終えた。

文・秋山義和

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング