【コメント集】野村敏京 明日も風が吹いて欲しい!

ParOn.(パーオン) / 2014年4月18日 15時21分

1打足らず悔しい予選落ちに終わった宮里藍 LPGAロッテ選手権(2014)(2日目) 写真・Getty Images

LPGAロッテ選手権(4月16~19日、米国ハワイ州・コオリナGC、 6383ヤード、パー72)

野村敏京(9位タイ、通算4アンダー)
「昨日よりショットがよくなった。ドライバーとフェアウエーウッドを新しいのに替えました。クラブはシャフトを10グラム軽くし、硬くなった。それが合っていてよかった。一番好きなのはパターなので、パットが入ってよかったです。ボギーがなかったのもうれしい。パー5で3つ取れているのは、コースマネジメントもよかったけれど、ドライバーを変えて距離が伸び、曲がらなかったことも大きかったです。まだ2日間残っています。明日も風が吹いて欲しい。今日みたいなプレーをしたいです」

上原彩子(20位タイ、通算1アンダー)
「風も昨日と比べるとずいぶんなかったので、伸ばしてあと2日につなげたかった。1番、2番もチャンスにつけながら入らず、他のチャンスも決められず、今日はまったくバーディが取れなかった。チャンスで入れられるか、入れられないかでスコアも違うし、流れも変わってくる。パッティングに関しては入ってないけど、感覚はすごくいいので、自分の思ったところに打てています。あと2日間戦えるので伸ばすしかない。ゴルフって流れが大事だと思うので、チャンスにつけたときにしっかり、自分で流れをつかんでいけるようなプレーを明日はしたいです」

宮里藍(予選落ち、通算5オーバー)
「昨日ほどは風も吹いていなくてコンディションはよかったですが、朝から集中力がいまひとつ上がらなくて、1番の3パットで難しい一日になるなと思いました。2番でセカンドがディポットに入っていて、今日は流れがよくないなというスタートだった。前向きに自分のプレーに集中するようにしていたんですけど、ちょっと難しい一日でした。ショットはよく、風の計算もキャディさんとしっかり意見が合ったし。自分の距離感を出せているので、調子はすごくいいと思います。昨日つかんだパッティングのフィーリングは集中しないと感じられない。そこが難しかったです」

宮里美香(予選落ち、通算9オーバー)
「昨日に比べて前半はショットがよくてバーディチャンスもすごくついていました。もったいないボギーもあったけど、後半はバーディ、ボギー、バーディ、ボギーという展開。カットラインが4オーバーと分かっていたので、最後はパットで入れにかかって……。ボギーパットから3パット、あんな短いパットを外したのは初めてだったので戸惑いました。いい収穫もあったし、風も攻略できたと思う。(2試合連続予選落ちに)強風だとパンチショットとかコントロールショットが求められるけれど、昨日は思うようなショットが打てなかった。今日はだいぶ打てたので、そこは褒めてあげたい。でもバーディパットが決まらないと……。次はサンフランシスコ、日本に帰る前の最後の試合なので頑張りたいです」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング