鈴木愛 ステップ・アップ優勝で勢いに乗れるか?

ParOn.(パーオン) / 2014年4月22日 19時6分

パターを武器に、川奈攻略を目指す鈴木愛 フジサンケイレディスクラシック(2014)(事前情報) 写真・佐々木啓

フジサンケイレディスクラシック(4月25~27日、静岡県・川奈ホテルGC富士C、6367ヤード、パー72)

 昨年のプロテストで3位に入り、2カ月後のステップ・アップツアー、中国新聞ちゅーピーレディースカップで優勝を挙げ、先週の同ツアー今季初戦のラシンク・ニンジニア/RKBレディースを制したのが鈴木愛だ。

 そんな鈴木は、ステップ・アップ最終日の後半は10メートルを越えるロングパットを決めるなど、我慢強いゴルフで勝利を勝ち取った。そして今週の舞台は、コーライグリーンが名物の川奈だ。

「回ってみて思いましたが、苦手でも得意でもないかもしれません。とにかくコース全体のアップダウンや傾斜が激しいので、グリーンもそうですし、アプローチがカギになると思います。歩くのも大変なコースですね(笑)」

 得意クラブはパターというが、1カ月ほど前に替えたというパターを武器に、難しい川奈を攻略することができるのか。

「ちょっと軽い感じがしたので鉛を貼っています。調整中ですが、いい感じです」

 同期には、プロテスト受験前から単年登録制度でツアーに出場しすでに優勝を挙げている成田美寿々や、期待の新人・藤田光里らがいる。QTランキング51位の鈴木にとって出場可能な試合は限られているが、今回のステップ・アップ優勝により、5試合のレギュラーツアー出場権を獲得した。

 この流れに乗って、同期組でいち早くツアー初優勝を挙げることができるのか?

文・高桑均

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング