高橋恵さんと佐々木笙子さん 今週もアマ旋風巻き起こす!?

ParOn.(パーオン) / 2014年4月22日 19時38分

名物・12番グリーン奥の灯台に大はしゃぎの佐々木さん(左)と高橋さん(右) フジサンケイレディスクラシック(2014)(事前情報) 写真・佐々木啓

フジサンケイレディスクラシック(4月25~27日、静岡県・川奈ホテルGC富士C、6367ヤード、パー72)

 先週の勝みなみさんの優勝に刺激を受けた全国のアマチュアゴルファーがどれだけいるのかわからないが、衝撃の優勝だったことは間違いない。そして今週も4人のアマチュア選手が難コース・川奈に挑む。

 主催者推薦選考会(マンデー)を見事突破して出場する佐々木笙子さん、永井花奈さんと、2010年、当時13歳でステップ・アップツアーのANAプリンセスカップに優勝した経歴を持つ高橋恵さんと北村響さんだ。

 13歳でツアー優勝を達成した高橋さんだが、今回の勝さんの勝利に刺激を受けたものと思いきや、

「スッゴーいと思いましたけど、『それで私も!』という感じではないですね。いろいろな条件が重なって優勝がついてくるものだと思いますので、それが今回は全部はまったのだと思います。もちろん私も頑張りますけど、だからどうということはありません」

 と話せば、佐々木さんも、

「意外とやりやすくなったかもしれません。今までは最年少優勝の期待が私たちの年代にかかっていましたが、最年少の記録を気にするわけではないですが、これで変なことを考えずに済むかもしれません」

 と、ともに高校3年生の二人は、勝さんの優勝を冷静に見ている。

 そんな二人は大の仲良しで、この日も練習ラウンドをともにして、リラックスムード。13歳で優勝した高橋さんと、ここまでマンデー通過率100パーセントの佐々木さんが今大会でどのような結果に終わるか。にわかに注目を浴びたアマチュアジュニアゴルファーへの期待を明るい笑顔で受け流した二人だった。

文・高桑均

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング