井戸木鴻樹50位、首位はB・ランガーとB・ブライアント

ParOn.(パーオン) / 2014年5月4日 14時17分

今季2勝目に好スタートを切った絶好調のベルンハルト・ランガー インスペリティインビテーショナル(2014)(1日目) 写真・Getty Images

インスペリティインビテーショナル(5月2~4日、米国テキサス州・ザ・ウッドランズCC、7002ヤード、パー72)

 現地時間2日に開催されたインスペリティインビテーショナル。初日はベルンハルト・ランガー(ドイツ)とバート・ブライアントが6アンダーで首位。井戸木鴻樹は50位タイと出遅れた。

 初日、ランガーは前半を1バーディ、後半に入ると12番でボギーとしたが、続く13番からの6連続バーディで締めくくり、7バーディ、1ボギーの66で首位に立った。今季開幕戦で優勝し、マスターズでも8位に入るなど絶好調のランガーが今季2勝目に好スタートを切った。

 インスタートのブライアントは、11番でボギーが先行するも、12番から3連続バーディ、さらに後半に入って1番、2番で連続、4番、9番もバーディとし、7バーディ、1ボギーの66と伸ばし、6アンダーでランガーと並んで首位。

 井戸木鴻樹は、インからスタートし、11番、12番の連続ボギー先行。14番をバーディとしたが波に乗れず、2バーディ、4ボギーの74、2オーバーの50位タイと出遅れた。

 3位には、5アンダーのエステバン・トレド(メキシコ)。フレッド・ファンク、ジェフ・マガート、ジョー・デイリーの3人が4アンダーの4位に並んだ。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング